読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

what you see is what you get

名前だけでも覚えて帰ってください

「Code for 青空文庫 #aozorahack 」アイデアソン #1 まとめ

2015.5.30(土)に開催された「Code for 青空文庫」アイデアソン#1, たくさんの方のご来場本当にありがとうございました。またアイデアソン以外の場でもご注目いただき, 議論をしていただいた方もあり, 反響に驚きつつ, 大変感謝しております。

イデアソンで出されたアイデアのまとめ作業は随時進めておりますが, まずは現状で出せる情報をまとめておきます。

また参加者の方作成の資料のうち, いくつかを見つけることができませんでした。大変お手数ですが, 該当のチームの方はファイルの在処を教えて下さい。見落としの場合はごめんなさい!

イデアソンに関する記事

レポート

青空文庫を救え!「Code for 青空文庫」アイデアソン #1 レポート #aozorahack:見て歩く者 by 鷹野凌

参加者レポート

「Code for 青空文庫」アイデアソン #1 に参加してきました #aozorahack - weblog of key_amb

「Code for 青空文庫」アイデアソン #1 に行ってきました | takemikami's note

「Code for 青空文庫」アイデアソン #1 の記録 - hokorobi’s diary

Code for 青空文庫に行ってきました - まぁ、つまらないものですが

Code For 青空文庫 #aozorahack アイディアソン #1 で発表した - gennei's blog

※抜けがあったら教えて下さい!

コメント

私的青空文庫のお話(その2)大野晋 / 水牛のように2015/06

セッション映像, スライド

大久保ゆう(青空文庫ボランティア)

香月啓佑(本の未来基金)

宇谷有史

イデアソン説明, Microsoft BizSpark提供に関する説明, 質疑応答

スライドは上記の香月のスライドをご覧ください

イデアソンの成果

参加者個人から出たアイデアスケッチまとめ

ideathon/ideas.md

インフラ分科会

f:id:keisukekatsuki:20150530142146j:plain

自動校正システム+入力支援

チーム員:@silicagel, カシタニ, @key_amb

クラウド

チーム員:松崎, ヤケ, 野間, greenspa

発表資料:2015/05/30の青空文庫アイデアソンにおいて, インフラ内「クラウド化」チームのまとめです。

オープンデータとAPI

チーム員:田辺, 湯谷, カネダ, 森田, 金田, 塚本

青空文庫ドキュメンテーションについて

チーム員:石田, ハタ, ノクビ, クマガヤ, hokorobi, eml

発表資料:青空分光のドキュメンテーションについて - Google スライド

アプリ分科会

f:id:keisukekatsuki:20150530142151j:plain

校正モチベーション向上

チーム員:中村智浩 (@HAIL), 高橋(@misyobun), 渡邊光(@hikalin8686), macopy(@mackee_w), moortz(@moortz)

発表資料:青空文庫 校正を楽しくするプロジェクト - Google ドキュメント

ユーザーのフィードバックを可能にする

チーム員:s1061123, phainu, @fx702p, 五段

API提供, オープン化

チーム員:@naokomada, @zhenwv3, 井上祐作, @shouhei.tai, @hika69, @studio5, @takemikami

発表資料:青空文庫アイデアソン, アプリAPI - Google スライド

構成支援アプリケーション

チーム員:カワハラ, 加世, 中田, 牛頭

発表資料:ideathon/構成支援アプリケーション.md at 3f89e19360dfbcfec36bccd50e4b4646e98d1f55 · aozorahack/ideathon

マネジメント・広報分科会

f:id:keisukekatsuki:20150530142201j:plain

青空文庫のオープン化

チーム員:野口, 広瀬, 小澤, 高村, タケハナ, 兼松

青空文学部

チーム員:河野, 長谷川, 持田, 鷹野, 吉川, 古賀

今後について

現在GitHub上で具体的な作業に向けた検討が進んでいます。またコミュニケーション用にSlackに「aozorahack」チームを作りました。参加希望の方はGitHubをご覧ください。

aozorahack/aozorahack

また校正管理サーバの移転については、サーバの現状について調査を続行中です。メールアドレスなどの個人情報が含まれているため、作業状況の公開まではもうしばらくお待ちください。

そして今回の動きに関してもう少しわかりやすい形で現在青空文庫で活動中の皆さんに資料を作成し、説明の準備を進めています。そちらももうしばらくお時間をください。